会社概要

Pocket

中国で出会った最高級のワインを日本に届けたい。

「中国のワイン」と聞いて皆さんの印象はあまり良くないと思います。

確かに中国という国の印象、特に食品においてのマスコミからの情報はあまり良くはありません。

しかしながら、広大な中国では環境汚染とは無縁のクリーンで、しかもブドウ栽培に理想的な環境下で素晴らしいワインを作っているワイナリーもあります。そのような素晴らしいワインを通じて中国への偏見を取り除きたい、その一心で中国ワインを販売しています。

 

ワーキングホリデーでフランスに滞在し幾つかのワイナリーで働いた後に、輸出の仕事を行いそこで中国のワイン市場の急成長を目の当たりにし、中国のワインマーケットの将来性を感じて2008年に上海へと渡りました。

上海ではブルゴーニュワインを広めるべく現地インポーターに入社しましたが、時代に合わなかったようで残念ながら会社は倒産してしまいました。その後は『ワインバー葡洞(プートン)』という名のバーを2017年の7月まで自分で経営していました。

 

私が上海に来たばかりの時代の中国ワインの特徴は「超安価で超低品質なもの」と「超高価で中品質なもの」ばかりであり、上海でバー経営を行っていましたが自社で扱っているワインは「チリ」や「ヨーロッパ」が中心でした。

しかし2015年に香港の展示会で「寧夏ヤンヤン国際ワイナリー」のワインを飲み衝撃を受けました。それまでの退屈な中国ワインとは根本的に異なり、まるでカリフォルニアのナパワインの様にしっかりとした果実味と樽香がバランス良く調和しその上スパイスの風味という個性も如実に表現していました。

 

それでいてリーズナブルな価格は同品質のナパワインの半分以下という正に中国ワインの革命と感じその場で自分のバーで販売することを決意し、同時にそのワインを産出していた寧夏自治区賀蘭山東麓に興味を持ちました。

自分のバーであってもお客様は日本人が中心でありやはり中国ワインに対しての拒否反応はやや強いものがありましたが、飲んでいただければお客様にすぐに認められ、すぐにバーの定番アイテムとして受け入れられるようになりました。

『ワインバー葡洞(プートン)』の閉店後帰国し、日本のお客様にこのワインをご紹介させて頂きたいとの思いから「プートン葡萄酒」という会社を立ち上げました。

扱うアイテムは中国のワインだけの小さな会社ですが、大きく成長させる為日々精進中です。

 

 

Pocket